いろんなものを天日干ししましょう

天日干しの目的は、保管によって生じた湿気を取り除くことです。そうすることで柔らかくふかふかになります。

布団や毛布は必ず天日干しをする

いろんなものを天日干ししましょう 春から秋にかけて保管していた布団や毛布は、必ず天日干しをしてから使用することが大切です。天日干しをすることによって、布団や毛布に染み込んだ湿気を取り除くことができます。天日干しをした後は布団や毛布が柔らかくふかふかになるのは湿気を取り除いているからです。得られる効果はそれだけではありません。湿気を含んだ布団や毛布はダニの温床になっている可能性があります。ダニは70℃程度の気温で死滅します。日光に当て続けることで、表面が高温に達して一匹残らず駆除出来ます。

天日干しをするときに布団や毛布を叩いてはいけません。ダニやダニの死骸やフンが散乱したり、布団や毛布の更に奥に入り込む危険性があります。そして、時間帯は湿度が低い10時から15時の間を選ぶことが重要です。また、雨上がり後の湿度の高い場合は晴れていても避けることが大切です。湿気を取ることを目的であることを覚えておいて、出来るだけカラッとした天気のときに干します。干し終わったら掃除機で布団や毛布の表面を何度も掃除します。これはダニの死骸やフンを取り除く為です。アレルギーは生きているダニではなく、死骸やフンを吸い込むことによって引き起こされます。

Copyright (C)2017いろんなものを天日干ししましょう.All rights reserved.